薪ストーブの灰でなにができるかな?

お久しぶりです!
そして明けましておめでとうございます、水生乃里です!

今年の小国は去年よりかは暖冬で雪の日は例年よりかは少ないです。
おかげさまで、例の寒波直撃時の被害はコテージの蛇口のダメージぐらいで済みました(笑)
とはいっても寒いことは寒い!ので家の薪ストーブもフル稼働。
お知り合いの方のご協力のもと、せっせと貯めこんだ薪たちの出番です。
そうすると、灰がどんどん溜まっていきます。
バケツに溜めては、捨て~。溜めては、捨て~。
・・・なんか、もったいない。
これでなにか遊べ活用できないかなあ~と考えて、いろいろ調べてみました。
いやあ~近代のインターネットの力って本当に偉大ですね。
見つけましたよ・・・素敵な活用法をね!(ゴゴゴ)

続きを読む

カテゴリー: ニホンミツバチ, 未分類, 薪ストーブ | コメントする

阿蘇神社のおんだ祭

こんにちは!水生乃里です。

山は完全に夏模様になりました。
モリモリ茂った緑樹には、蝉が元気に鳴いています。
水生乃里は沢がすぐ近くに流れており、冷房いらずなのですが、
町へ降りるとやっぱり暑くて敵いません。
皆さんも体調を崩されないようどうぞご自愛くださいませ。

さて、今日は阿蘇市へ行っていたのですが、
通りすがった阿蘇神社がなんだか賑やかで、楽しそうな雰囲気。
いったい何やろね?と親子で首を傾げる私たち。
スマホでチョイチョイと調べてみれば、
今日は『御田植神幸式』・・・通称『おんだ祭り』なるものがあるそうで。
これは行くしかないでしょう、と帰る予定を変更して阿蘇神社へ直行!

s_DSC_0714

続きを読む

カテゴリー: おでかけ | コメントする

蜜蝋を作ってみる

こんにちは!水生乃里です。
先日の蜂蜜もあらかた漉し終わったので、蜜蝋つくりに挑戦してみました。

続きを読む

カテゴリー: ニホンミツバチ | 2件のコメント

三女、時計を買う。

さて、4月から社会人になりました三女、少しづつお仕事になれてきたようです。
以前より時計が欲しいということで、探しておりましたが、前回帰省をしたおり、
南小国にある、ぎゃらりー青雲さんで見たアンティークの時計が忘れられず、今回
帰省して来ました。
ギャラリー青雲さんは、我が家からは大観峰に登るR212号を展望公園を少し過ぎた
ところから、左の小道にはいったところにあります。道路沿いに看板がでています。
木々に囲まれた可愛いお店です。

new_20150620_125842

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ニホンミツバチの採蜜

こんにちは、水生乃里です。
今冬に父が急逝したためしばらく更新していませんでしたが、
サイトもブログも父に代わり家族で投稿していこうと思います。
といってもPCのことはすべて父任せだったので、
拙い点が多々あると思いますがどうかご容赦ください(笑)

つい先日、北九州に寄った際は蒸し暑くて確実に夏の気配が近づいて来ていましたが、
水生乃里は朝晩はまだまだひんやり肌寒く、長袖で過ごしております。

今回は貴重な梅雨の晴れ間に、我が家のニホンミツバチの採蜜を行いました。
といっても父作の巣箱にハチさんは居ついてくれたものの、採蜜は初めてのこと。
何にもわからず、どうしようねえ、と二人で困っていたらご近所のYさんご夫妻から救いの手が!
ご指導いただきながらの体験となりました。

以前キャンプ中にスズメ蜂に刺されてからというもの絶対に刺されたくない!母(今回は撮影係)と
そんな母から蜂の恐ろしさを刷り込まれた私は重ね着に重ね着を重ねた重装備で挑みました(笑)。

さて、以下が、親子ともどもへっぴり腰で挑んだ初採蜜の様子です(笑)。

まず、底のないお重を積み重ねてあるような構造の巣箱は、
箱の中いっぱいにハチさんがせっせと作った巣でしっかり固定されています。
まず、その一番上の段の巣箱を、刃渡りのある製菓用のパレットナイフで
(我が家が用意したちっちゃな果物ナイフではとても奥行きが足りずYさんのをお借りしました・・・)
蓋と下の段からギコギコ切り離して、蓋を戻して一番下の段に新しい巣箱をセットします。

new_20150613_082842

じゃーん!
これが今年の我が家の蜜です!

new_20150613_083018

箱に巣がぴったりくっついているので、切り離して容器に入れていきます。

new_20150613_083515

切り離した巣をキッチンペーパーや布で漉して、できあがり!・・・なのですが、ここで反省点が。
我が家はキッチンペーパーを敷いたざるで漉してみましたが、
ペーパーの密度が細かすぎたのか結構時間が掛かって、漉しきれずに結構な量がざるの底に溜まってしまいました。
大きなざるだからと紙を3枚にして底部に紙が重なってしまったのもよくなかったのでしょう。
どうにかできないか現在も思案中です。

DSC_0661

なんとか漉し終わって出てきた蜂蜜は色はこっくりした飴色で、
喉の粘膜が弱い私が味見すると喉が焼けるくらい濃厚でした。
水生乃里周辺の野花をいっぺんに濃縮した蜜は独特の風味で、おいしくってなんだか癖になるお味です(笑)

これもYさんが教えてくれたのですが、漉し終わった後の巣も、熱湯に浸ければ蜜蝋ができるそうです。
ワックスにしたり、新しい巣箱に蜂をおびき寄せるのにも使えて他にも色んな用途があるのだとか。
こちらも作るのが楽しみです。

Yさんご夫妻、どうもありがとうございました!
もちろん、蜜を採らせてくれたミツバチさんたち、巣箱を造ってくれた天国の父にも感謝です。
また来年も採れますように!

カテゴリー: ニホンミツバチ, 未分類 | コメントする

豊後森駅

9月26日に童話の里 玖珠町の豊後森駅に家内を迎えに行きました。家内は、初孫が9月7日に生まれたので16日から長女がいる香川県の高松市に行っていました。行きは日田駅から。特急なので玖珠から行っても良かったのだ。小国から日田まで車で50分、玖珠まで40分。どちらの駅にも公共交通機関では行けません。日田駅には行けなくはないのですが。九州産交バスで杖立温泉へ行き、日田バスに乗り換えて日田へ。しかも、接続が悪すぎ。玖珠へは2013年4月に玖珠観光バスによる宮原線代替バスの運行がなくなり、麻生釣(大分兼九重町)までとなりました。日田駅、玖珠駅も久大本線の駅ですが福岡、北九州、別府、大分方面は久大本線の方が便利です。豊肥本線の場合、阿蘇駅まで産交バスで50分、阿蘇駅から熊本駅まで普通列車で1時間半、特急で1時間弱掛かります。小国は陸の孤島なのです。車がなくては生活できません。
昨年、駅舎はリニューアルされていましたがトイレもリニューアルされていました。
水生乃里|豊後森駅全景
続きを読む

カテゴリー: 鉄道 | タグ: , , , | コメントする

第2回 古天神ジャズコンサート

昨夜、古天神ジャズコンサートを観に行きました。家内はホールスタッフとして、私は駐車場整理係として参加させていただきました。
5時頃に早めの美味しいカレーをいただき、駐車場付近で待機します。
夕陽が綺麗でした。
水生乃里|古天神の夕陽
続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , | コメントする

薪と薪棚

薪ストーブ用に昨年の11月からクヌギを伐りはじめました。今回は2年分伐ろうと頑張りました。でも、二年分にはちょっと足りない気が・・・。
5月にも日田市のある方から依頼があり、クヌギと檜を少し伐りました。
薪小屋2号も6月に作りました。W4、090×D1,000×H1,800・2,100です。1号と構造はほぼ同じですが材料は違います。1号は2×4材で2011年夏に作りましたが、2号は杉の45×90mm材で作りました。右の薪は日田の檜でウッドボイラー用です。
水生乃里|薪小屋2号
続きを読む

カテゴリー: DIY, ピザ窯, , 薪ストーブ, 薪ボイラー | タグ: , , , , , , | コメントする

ピザ窯作り(基本タイプ・煙突なし)その3:窯本体アーチと型枠除去

前回で火床と窯本体のアーチ型枠ができましたので、いよいよ今回からは窯本体アーチ部分の耐火レンガ積みです。ピザ窯作りのキモとなる工程です。その後、型枠を燃やして型枠を除きます。

その一 窯本体アーチ部分の耐火レンガ積み

まず位置決めです。奥行き側は、目地分3cmだけ火床より長くなるので実際にレンガを置いて位置を決めます。
水生乃里|耐火レンガ積1
続きを読む

カテゴリー: DIY, ピザ窯 | タグ: , , , , , | コメントする

椎茸採れ始めました

2013年春に菌駒を打っていたクヌギに椎茸が生えました。何故か1本だけでしたが、他の原木にも小さな椎茸がでていたので、しばらくすればたくさん出来はじめるでしょう。
水生乃里|原木椎茸1
ncm_0017
椎茸のホダ木のそばに何かきのこが?
水生乃里|きのこ2

水生乃里|きのこ1

もう一個あった! 枯れ葉の下に幼いやつが・・・気付かずに踏んづけてしもた。
水生乃里|きのこ3

ぐぐってみたらアケボノサクラシメジぽいけど確信が持てません。食べません。

カテゴリー: きのこ, 自然 | タグ: , | コメントする